薄毛の悩みを完全解消!植毛の効果や費用を分析しました。

植毛ガイド決定版 費用・効果の調査報告  » 植毛基礎知識 » 人工毛植毛の注意点

人工毛植毛の注意点

自毛植毛の前からあった植毛の方法が、人工毛の植毛です。人工毛も進化していて、どうみてもリカちゃん人形の髪の毛のような不自然さがあるものから、かなり自然に見せられるものに変わってきています。この人工毛は、ポリエチレンや塩化ビニルなどの化学繊維から作られています。その毛を頭部の皮膚に1本1本丁寧に植えつけていくのが、人工毛の植毛の方法です。自分の毛を使うわけではないので、毛がほとんどない人や、薄毛がかなり進行している人にも施術は可能です。また、1本1本手作業で植入するため毛髪の流れなどのクセも再現しやすく、つむじや生え際なども自然にバランス良く自由に調整できるのが特徴です。

人工毛植毛のトラブル

しかし、植えるのは所詮異物です。その異物を頭皮に差し込むことになるので、拒否反応や炎症、アレルギー反応などを起こすトラブルがしょっちゅうあります。あまりに医学釣な問題が多発したために、アメリカではこの人工植毛は法律で禁止されたそうです。そんなニュースを聞いたら、僕はこわくてトライする勇気はありません……。

また、こんなに苦労して植えても、抜けてしまえば当然それっきり。自毛のように、生える、抜ける、また生えるというサイクルは生まれません。それどころか、抜ける本数が多くなるとまた植え付けをしなければいけなくなり、コストもかさみます。また長年つけていると、人工毛自体が老朽化して、切れてしまったりすることもあるんだそうです。トラブルが多くて、メンテも必要。これでは一生涯続けていくには厳しすぎます。植毛を考えるなら、自毛植毛を一番に検討するのが得策でしょう。

他のページにも記載しまいますが、皮膚科学会が発表した薄毛治療法のランク付けでは、人工毛の植毛はD評価となっています。現在は行なわないよう勧告されているものなのです。