薄毛の悩みを完全解消!植毛の効果や費用を分析しました。

植毛ガイド決定版 費用・効果の調査報告  » 植毛基礎知識 » 自毛植毛とは

自毛植毛とは

一昔前まで、植毛と言えば人工の毛を毛のない部分に植え付ける方法が主流でした。今でもまだ、この方法しか知らない人はいるのではないでしょうか。しかし、薄毛治療も日進月歩。着実に進化しています。

自分の毛を使う自毛植毛

その進化の最たるものが、この自毛植毛です。これは、自分の毛を使って毛のないところに植え付け、それを定着させるという画期的な方法なんです。まず、後頭部や側頭部の毛髪を採取して、それを頭頂部や額など毛が薄い部分に植え付けていきます。

実は、後頭部や側頭部の毛髪は薄毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくい場所、つまりはげにくいところなんです。そこから、はげの目立つ頭頂部などに植えかえます。手術方法は、メスを使って皮膚の一部を切り取る方法と、機械を使って毛を1株ずつ採取していく全くメスを使わずにできる方法があります。どちらももちろん局部麻酔をするので、術中の傷みはありません。

これからの主流は自毛植毛

自毛植毛は、まさに自分の毛をそのまま使うわけですから、他にはない様々なメリットがあります。まず、自分の毛を植えるだけなので、術後の拒絶反応もほとんどありません。そして、髪質も同じですから、植えかえても自然な仕上がりが期待できます。さらに、普通の毛を同じように、抜けてはまた生えるというサイクルを繰り返します。だからメンテナンスも基本的には必要ないんです。もちろん、年をとったら、白髪にだってなります。

デメリットを挙げるとすれば、移植する毛を採取する際に傷跡が残るかもしれないこと。あと、全く毛がない人や、本数が足りない人には向いていないということ。でも実際はかなりの人に有効だといえるのではないでしょうか。何より、自毛だと堂々としていられるのが精神的にもうれしいですよね。これからもっとこの自毛植毛を希望する人は増えてくるのではないでしょうか。