薄毛の悩みを完全解消!植毛の効果や費用を分析しました。

植毛ガイド決定版 費用・効果の調査報告  » 植毛の最新事情 » メスを使わない植毛法

メスを使わない植毛法

植毛はもともと医療行為でした。けがや病気のために頭髪が生えなくなってしまった場合、毛がある部分から毛根ごと持ってきて植えかえるのです。その植えかえにはメスが使われていたのですが、さすが医学は日進月歩。いまではメスを使わずに植毛する方法が誕生して、注目を集めています。それがQHRダイレクト法と呼ばれる方法です。

QHRダイレクト法とは

このダイレクト法は、毛を1本1本機械で採取して、それをまた機械で植えていくという方法です。この方法だと、植え込みに使う毛(グラフト株と言うそうです)を傷めずに採取して、また植えることが可能です。また、植え込み先(ドナーといいます)にも負担をかけずに植えられるので、植毛後の毛の定着率も高くなります。

一方、メスを使う方法だと、こうはいきません。メスを使うときは、毛のある部分を一部切り取って、その隙間を埋めるように縫い合わせてグラフト株を採取します。採取した毛は、株分けされて、毛のない部分に植毛されます。イメージとしては、苗床から苗をごっそり持ってきて、それを一株ずつ植えていく田植えのような感じといったらいいでしょうか。この方法は、採取する頭皮も大きく傷つきますから、後日抜糸も必要です。結構負担がかかるんですね。

でもダイレクト法なら、毛のあるところから1株ずつ間引くようにして採取できるので、メスを使いませんし、大きな傷を作ることもありません。それだけ体に負担もかからない画期的な方法であるといっていいでしょう。